スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~、びっくりしたのなんのって・・・・

いつものように、ななをりりのいる仕事部屋にいれてやったんですが。


ななは私の左。りりは私の右。
三人で仲良く、川の字。
どちらも私越しに相手と目があいますが、敵意はみせません。
よしよし。



でも、ななは甘えたかったのね。
私の後に回って鼻先をくっつけて・・・・・。


それにりりが気がついたから大変。自分の後に回られたと思ったようです。
一瞬のうちにババっと跳びあがって椅子の後に隠れた!!!と思ったら、いつものコード溜まりに避難。


ななはななで、相手の敏捷な動きになにが始まったかわからなくて、怖くて耳がしおれているし。私も「りりって、跳べるんだ・・・」みたいな、ドキドキ感。


しおれてしまったななに「大丈夫よ」と声をかけながら部屋の外に出して、コード溜まりのりりはと思ったら、彼女の方が跳び出し、部屋の入り口を(主にななの入室をさえぎるために)ふさいでいたゲートを超えて、リビングへ。



て、て、て、ていへんだあああああああ


リビングの向こうには母の部屋。
母は今、自分の部屋からベランダにでて洗濯物を取り込んでいる。
ベランダに出ていってパニくったら・・・・ここは11階。
あるいはその前に、ななと鉢合わせするはず。
そしたら・・・・。


思わず血の気がサーーーー・・・・・・。
「ド、ドアしめてぇぇぇ~~~。出ていっちゃったからぁ~」



りりはその声に驚き、ついでにリビングに何事かと現れたななに驚き、私が抑える間もなく、再びゲートを飛び越えていい塩梅に仕事部屋へ。今度は、自分のおうちに逃げ込みました。


009_convert_20101211162630.jpg
(怖かったのはこっちよ。すごく怖かったんだから)





・・・・・・・・・。



ゲートは1メートルに満たない高さだし、猫なんだから当たり前だけど。
りりが少しでも跳躍するところを野良時代も含めて見たことがなかったので、ほんとにびっくり。よくよく思い出すと、寅と比べて、ぼてっとした重たげな跳躍だったけど、跳躍には違いありません。もっと注意しないと。



あああ、怖かった。
あの場合、どうすればよかったのかな。
ななを外に出したりせずに、りりの動きをけん制しておけばよかったかな。そうしなければお互いに馴れないのかな。



りりは、どうしたら、ななには攻撃するつもりなんか全然ないことをわかってくれるのかな・・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。