スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね、りり

朝。

花は、おうちでしっかり寝て(何故だ、隙間風対策までしたのに、そういう日に限っておうちで寝るなんて)、6時に起きました。
朝ご飯と念のための整腸剤を飲んで、時間までゆっくり。


P1040112_convert_20110109225307.jpg




ここまでは、良かったのです。




その後、色々経緯はあるのですが。



チャンスは二度ありました。最初、おうちに閉じこめることが出来たときと、ネットで彼女を包むことが出来たとき。でも、私に裏切られたと思ってつらそうに鳴く彼女をなぐさめたくて、私の手がゆるんだ一瞬を花は見逃しませんでした。



花は興奮してカーテンまで駆け上がって、はめ殺し窓の上の小さな窓から出ようとし、続いて台所の窓から飛び出そうとし、さらにはパソコンの裏に隠れ、コードに絡まり、最後に机とはめ殺し窓の間の細いスペースにおさまってしまったのです。


彼女を引き出せない私に、運ぶためのキャリーを持ってきてくれていたTさんが「手袋があれば、捕まえまられるかも」と言ってくれたのですが、花はふるえていました。ふるえながら私を威嚇していました。




もういい。このまま連れて行けばどれだけ傷つくか分からない。もう十分でした。
「すみません、彼女が出てきたら私が連れて行くので、今のタイミングでは・・・・」




彼女はものすごく怖かったのです。Tさんが来ていることも怖かったし、捕まえられそうになって完全にパニックに陥いっていました。



結局。
Tさんのキャリーをお預かりしました。それをおうちとして使ってくれることで、Tさんのおうちの匂いを感じて貰うことが目的です。
Tさんは彼女の動きっぷりを目の当たりにして、みんなが留守をしていて最初に一人が帰ってきたときに、ドアから入れ違いに出て行ってしまう可能性を考え、ストッパーとして玄関に柵をつける必要があるかもしれない、予定がすこし延びたのはちょうどいいかもしれない、と言ってくれました。




もの凄い挫折感です。



余計な負荷を彼女にかけました。



Tさんが帰っていったあと、部屋に戻りました。彼女は、机と窓の間からコピー機の後に移動していました。
「ごめんね、りり。ほんとにごめん」
ここのところ、花と呼ぶようにしていたのですが、この時ばかりはりりという名前が口をついてでました。
りりは、小さくみゅーんと鳴きました。



ひどいことしてごめん。




みゅーん。




怖かったよね。




みゅーん。




ごめんね。




みゅーん・・・・。




お昼御飯は手つかずで残っていました。



部屋を元通りにして餌をセットしすきま風対策と湿気のための水分をおき、エアコンを予約し小さい電球をつけて彼女を一人残して部屋をでました。私がいること自体が彼女にとってストレスであり恐怖でした。
明日は、東京はとても寒いようです。りりは、今日はTさんのキャリーで寝てくれないでしょう。


外で泣いているだろうな・・・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。