スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WINDOWS 7

仕事場のパソコンは昨年のお正月に買い替えたばかりのデルです。
すでにWINDOWS7が出回っていましたが、入れる業務用のソフトの関係で動作環境が安定している方がいいからというので、わざわざXPを入れ直しました。おまけにこの手のソフトは64ビットだと対応できないので32ビット。楽なのよ、これ。業務ソフト会社のつてで設定まで全部やってもらったから、不要なものは一切なしで、さくさく動いて万全。外付けハードと無停電装置でメモリ保全も完璧。



自宅のパソコンは・・・・。
Yさんが買った2002年製で、かなり前から「新しく買おうよ~」と言っていたのですが、馬耳東風でした。今あるパソコンをつぶれるまで使うつもりらしくて、どんなに重たくても「我慢、我慢」の一言。あまり遅いので、コマンドを2度3度いれると、混乱したりして。
すく硬直するので「やだっ!!! もう使わない!」と宣言しても、yさんはやっぱり馬耳東風。こちらが根負けするほどでした。


ところが・・・・。

つぶれたんですよ


システムドライバーがね、破損したらしいの。立ち上がらないの。パソコンに詳しいパソコン博士から復旧用のソフトを借りてみても動かず。
その方からは、「2002年製? 大往生じゃないですか」と言われました



こうなると直しに出すより、買う方が安く上がります。再び、パソコン博士から中身をUSBメモリにコピーするためのソフトを借り、無事、中身を保全して、Yさんの主張する“ものは大事に使う精神(?)”を尊重し、本体だけを買いに行きました。



でも、最近はデスクトップタイプは流行らないらしく、あまり種類がおいてないんですね。売り場はノートパソコンだらけ。おいてある数少ないデスクトップもいろいろソフトが入って高いです。



「デスクトップ型の本体だけ欲しい」と店員さんに言ったら、それならカスタムメードのほうがあるかも、というので、デルとHPの社員が直接販売しているコーナーへ行きました。

なりゆきで最初に接触したHP社のパソコンを検討。社員さんにHPのパソコン本体と手元の富士通製モニターだとつなげられない可能性があることを指摘され(ていうか、知ってた?各社、自社製品特有のコンセントを採用しているので、何にでもつなげられないことがあるんだって!)、結局全部買うことになりました




でもね、カスタムメードですから自由が利きます。できるだけ中身をシンプルに必要なものだけ入れて。メモリは大きいものをチョイスして、動きが悪くなった時に初期設定にリセットできるソフト(使うのか?)もお買い上げ。



そうやって、新しいパソコンが来たのが今週の初めです。




ところがねえ。
WINDOWS7って、XPと基本的に全然違う。
私の場合、MEぐらいからパソコンと付き合い始めているんだけどXPにいたるまで、あまり戸惑ったことはありませんでした。ところが7って、基本的に違うのよね。

言語バーを下のバーに固定するのに一日。IMEパッドを出すのに一日。それを定着させるのは・・・・、いまだできず。
おまけにHP社のだからかもしれないけれど、いちいち、横文字が多いの。言語バーも日本語で出そうとしたら、ほかの言語も入れてくれないと出せません、なんてパソコンに言われちゃったりして、これには、二人とも「?????」


使いこなすまでにはもう少し時間がかかりそうです。
なにしろ、夜の間だけ、ほんのちょっと触るだけですもんね。





以上、パソコン音痴の夫婦の激闘戦場レポートでした。




さて、りりちゃん。
やっぱり夜鳴きは続いているようです。おうちに入ると鳴かないので、私が泊まるときには閉じ込めちゃうのですが、そうすると、次の日の夜がとりわけうるさい。おうちに入らなくなっちゃうのです。そうなると日中は、パソコン裏かコピー機裏にいて口をきいてくれません。つまり、あまり根本解決にはならないのです。


今日は、パソコン裏のコードたまりを掃除して、あまりにりりの毛がひどいのに愕然としました。かわいそうだけど入れないように小さな模様替え。なにしろ、パソコンの本体もそこに隣接していますから、いくらエアダスターを使っても、限度というものがあります。パソコンを壊したら、大変。



そういうわけで、今日は、私の足元にいます。入れなくなっちゃったのを見て、にゃあにゃあ文句を言っていましたが、かまってほしそうだったので、ふと思いついて、りりの背中が私のおなかにつくように抱き上げてみたらじっとしています。


おお!!!
苦節3ヶ月
りりはついに抱っこされても嫌がらなくなったのでしょうか・・・・。


このポーズ、爪を切るのに便利だから、できたらなあと思っていたポーズなんですけどね。やってみたのは初めてです。これまでは、抱っこは本猫が膝に登ってきたら、と思っていましたし、抱き上げられるのは、とにかく嫌がって身をよじらせていましたから。



なにごとも時間とたゆまぬ努力ですね。
抱っこ体制から自分で飛び降りてからはにゃあにゃあ言うでなく、くつろぎ始めたりりを見て嬉しいぷりでありました。


はむはむ
(こんなところに草が生えてる。これ、意外とイケるかも・・・・)






スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。