スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこまたぎ

ある日、帰宅したら私が玄関で靴を脱いでいるのをリビングからのぞいて、苦笑まじりにYさんがいいました。
「とらに、なんか考えてやらんといかんね」





え???? なにを?




彼の指さす先にとらの自動給餌器。




残してる





笑ってしまいました。
実は、とらはウェットなご飯が苦手です。カリカリばかりで、おやつに煮干しをやっても「ぼく、これ、いらにゃいよ」とばかり、そっぽを向いてしまい、彼がカリカリのほかに食べるスペシャルなものと言ったら、鯛のお刺身と鰹節。
なんでも食べられるようになってほしいので、カリカリの中にほんの少しウェットなご飯を混ぜてみたりしながら、模索していました。いろいろなサイトを見ながら、どれがいいか調べていて、これはと思うものからお試し品を取り寄せたりして。




そんな中に、お魚をベースに玄米やら野菜やらプロポリスやら、体に良さげなものを加えたお試し品がありました。おお!!! これは体に良さそうだ。Yさんは贅沢な、と言いそうだけど、こっそり買っちゃおう。お試しだし、そんな高くないから、いいもんね~。というわけで、ポチ。しばらくして、商品が届いたのですが。




ウェットなご飯の方は、さっそくとらにやってみたら玉砕。まあ、思った通りです。まったく食べないので、あきらめて、開けてしまった残りは全部りりにやることにし、とらには、このままではおなかがすきますから、同じもののカリカリバージョンなら食べるだろうといつものカリカリご飯にほんのすこし混ぜて、外出。




そうしたら。




見事にそれだけ残している・・・・・。





Yさんは、動物は、なんでも与えられるものを食べるべきだと考えていて、好き嫌いを許しません。これまでも、とらがウェットご飯を残すのを、「とら、ふりかけしてあげようか。カツブシかけてあげるから、お食べ。ほ~ら、ごちそうだあ」と気持ちを盛り上げ、なめとろうとするのでお皿にひっついて食べにくくなるのを傍からスプーンでかき交ぜてやって、きっちり、全量、食べさせていたのです。


それが、「考えてやらなきゃいけない」だって!!!!
さすがのYさんまで・・・・・。






Yさん曰く、とらはこれを餌だと考えていない、というのです。見ていると、トイレのお砂を前足の先で、そぉ~っとちょいちょいするようにこの餌を触っていて、おそらく、得体のしれない物体を調べている気持ちになっているのではないか、と。どんなにおなかがすいても食べ物だと思ってないから、食べないんじゃないかとのことでした。



実は、りりに持っていったウェットタイプのご飯も、りりに大不評でした。彼女はウェットの方がカリカリより好きですからきっと食べると思ったのですが、大半残して知らん顔です。この餌、どえりゃあ、マズイらしい・・・・・。どうよ、これ。





名誉のために、名前は伏せときますね




お試し品ですから、笑い話ですんで、結局、我が家は元通り、メディファスとピュリナのカリカリに黒缶を混ぜたりしてやるパターンに戻りました。





皆さんのところではどうしていますか。
缶詰ご飯は、気をつけないと、人間用に加工できない古い魚や臓物が入っているなどと聞くと、今のままでいいのかなあとちょっと思ったりするのです。いえ、黒缶がそうだと言っているのではなくて、黒缶は総合栄養食だから、まだいいかなと思って、やっているのですが、他に色々出ているもので、なにがよくてなにがよくないのか、よくわからなくて・・・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。