スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りりの抗体価検査

先日、りりの爪切りに行っていきました
で、ついでに抗体価検査と以前から気になっていた遺伝子検査について質問。



コロナウィルスが体内に入るとそれに対して必ず抗体ができますが、その抗体がどれくらい体内にあるかを見る検査が抗体価検査です。この検査では、コロナウィルスなのか、コロナウィルスが猫の体内で突然変異を起こしたFIPウィルスなのかわかりません。採取した血液をある倍率で希釈して、どんどん薄くし、どの段階で反応しなくなるかによって、値がきまります。一般に多く抗体があるとなればFIPに変化している可能性も高い、というあくまでも判断の補助材料としての検査です。

一方の遺伝子検査は、ダイレクトにウィルスを調べますが、こちらもコロナとFIPの違いは判りません。FIPかどうかについては、すでに発症していると思われる症状のある子の体液を採取してその遺伝子を調べ、初めてわかるのです。しかも、この検査をしてもウィルスがあれば有り、なければ無としか出ず、数も状況も不明です。


むむ。むむむ。
遺伝子検査しても、多分、りりは有りで出るだけかもしれない。どれくらいあるかどうかってことは結局抗体価をみないといけないってことだろうか。


先生の説明は続きます。
「しかし、遺伝子検査で無とでても、どこから採取したかによって違いがあったりもします。血液からは出ないけど、おなかからはウィルスがあったとか。また、遺伝子検査で無とでても抗体価は相変わらず高いということもあります。ウィルスが死滅しても、血液の中には抗体が残り続け、新しい血液ができて入れ替わるまでそのままってこともありますから」



てことは、よ。
結局、不確かなものに振り回されているんじゃん


ええ。なのでこの検査を血液検査項目にいれない病院は多いんですよ。これで、抗体価をだしてもコロナではない他のウィルスに反応している可能性もあるし、そもそもこの検査はFIPの症状の出てる子の病気の診断の補助材料として使われることが多くて、単体でFIPに変異しているかどうかを診断するには微妙なことが多いのです。
コロナウィルスは猫の半数はかかっているといわれているありふれたウィルスですし、多頭飼いの家にいたっては、まずほとんどが感染していますしね。それを調べてもまあ、無駄とは言いませんが・・・・。

たしかに。
わたしだって、たまたま最初にりりを連れて行った指定の病院が調べなかったら、しらなかったままだし。


悩んだ挙句、それでも、調べてみることにしました。りりの受け入れ口を広げてやらないといけないと思って。悪くはなっていない確信がありました。それほど、りりの状態は落ち着いていました。


りりの抗体価は800。


続きはまた次回。


スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。