スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むむむ・・・・

週末。
Fさんから(というよりFさんのご主人から)メールを頂戴しました。


「このところ、彼女は毎日窓から外を眺めて鳴いています。そんなリリちゃんの姿を見ていると家猫として飼う事がリリちゃんにとって本当に幸せなのかなと思えてきます。彼女は、元々野良猫なので、やはり外に対する憧れが飼い猫よりも強いのかと思いますし、そんなリリちゃんの姿を見ていると家猫として飼う事がリリちゃんにとって本当に幸せなのかなと思えてきます・・・」


真摯なお手紙でした。
う~ん・・・・。


お手紙は、さらに、私に対して、ぷりさんはどう思っているのでしょうかと尋ねていらっしゃいました。なぜ、自分で飼えない子を保護したのですか。感情が先走って衝動的に保護してしまったのでしょうか・・・・。


うう~ん・・・・。




りりを保護するとき。
私は随分、悩みました。すでに母や夫からはとても否定的な反応を得ていました。野良猫の保護なんてしたこともありませんし、周りに相談できる人がいるわけではありませんでした。正直、ものすごく心細かったし、私の冷静な部分が私にささやき続けていました。
「墓穴を掘るな。これ以上、ややこしいことに首を突っ込むな」
多分、他人事だったら、私はそう助言したはずです。



それでも、私が保護せずにはいられなかったのは、りりが心待ちに私を待っていたからでした。
季節は夏から秋へ、本格的な寒い冬へ移ろうとしていました。
保護する直前には、りりは、猫風邪をひいて白い目やにを出していました。白い目やには、あまりいいサインではありません。リカバリーするのには、ぎりぎりのタイミングだと思いました。

雨の中、神経を尖らせて私の足音を聞き取ろうとしていたりり。
見つけると、まず小さく鳴いて飛び出してきて、それからご近所迷惑なくらい大きな声で「ご飯、ご飯」と催促するりり。すでに塩のビンを投げつけられる事件もおきていました。



保護した直後、りりはよく外を見て鳴きましたし、特に通風孔からの風を感じると切なそうでした。りりの泣き声で安眠できないと怒る母のためにホテルを予約して4,5日泊まらせたこともあります。
Tさんに譲渡しようとして怖がらせたときも精神的に不安定になってレメディに頼りましたし、3月の大きな地震のあとも、一人ですごくショックだったのでしょう、彼女は鳴きました。


それでもね。
だんだん、落ち着くんですよ。
少しずつ。
猫嫌いで、りりのこととなると点の辛い母がいうのです。
「あの子、もう鳴かないわよ」


鳴かないというのと、りりにとって家猫暮らしが幸せかということとイコールでないことは確かだけれど、落ち着くと同時に、いろいろな彼女の要求が見えてきました。遊んでほしいんだ、とか、なでてほしいんだとか。ブラシをだす私の行動を横目で見ながら、ゆっくりと尻尾を振って待ってみたり。足元にちょこんと座ってご飯を催促したり。りりの行動は十分、家猫としてやっていけるものだと思いました。




Fさんの疑問は、誰も答えられることではありません。
本当のところは、りりでなければわかりません。
もしかすると、りりですら、わからないのかもしれません。
だから正解も不正解もありません。



ただ。
私に向けるまなざしがちょっとまぶしそうに細くなるとき、ごろごろといいながら目をつぶるとき、うれしそうにご飯をたべるとき、甘えて私の手をかき寄せて甘かみするとき、そんなとき、まちがいなくりりは、幸せで安定していてとても満足してくれていると確信できます。
そしてそんなことが毎日続くのなら、りりは、いつか死ぬ時に「とりあえず、おうち猫になってよかったかな」と言ってくれそうな気がしているのです。


ご飯のあと


スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。