スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライアル開始・・・・予定?

いや~、台風の目のような2週間。
まだ、今後の展望が見えてるわけでも、こうするっていう結論が出ているわけではないけれど、更新。


2週間前の週末、Yさんと話をしていて、りりを自宅に移すことになりました。
「静かな生活が望みなんだよ」
というYさん。

・・・・・・  ああ・・・・・。でもね。






りりは、りりは・・・・。






寅よりも、おしゃべりなんです~~~~



「成猫なんて、もらってくれる人いないよ」
という彼は、しばらく前からもらってくれる人なんかいない、ぷりはりりを外に逃がすこともしない、だとしたら・・・・、
と考えていたようです。



ありがたいことですが、実際にりりが来た時、彼の我慢の糸がぷっつり切れないだろうか。
りりは、慣れない環境できっと鳴くはずです。鳴くことで、彼女は自分の気持ちを表そうとするはずです。
どれくらい???

とりわけ、夜。
仕事場でのりりは、夜、かなり静かです。時々、目を覚まして外を見ながらにゃごにゃご言いますが、基本的にはキャリーの中で丸くなって寝ています。でもこうなるには長い時間がかかりました。


それにとらがいます。
コロナの問題もあります。
とらとうまくいかなかったとしても、一緒に住めば、とらはりりからコロナをもらい、保有することになるでしょう。下手をすると、コロナだけもらって、りりとは一緒にできないかもしれないのです。
とらにとっても、もう一匹現れると言うのはストレスなのではないだろうか。彼は、なにしろ、生後10日で拾われた子です。猫の友達なんて、今までいたことがありません。人間が、彼の家族であり、友達であり、世界だったのです。


だから・・・・。
ありがと、じゃ早速、とは思えませんでした。
考えて。考えて。
忙殺される合間に考える、忙殺されながら考えること、2週間。


・・・・・・・。



お納戸のお片付けに取りかかりました。
お納戸って、勝手に呼んでいるのですが、共有廊下に面した部屋で、寝室やリビングからはすこし距離があります。夜の間は、ここにケージを置いて、りりに寝てもらう作戦。
とらを一緒にフリーにする前に、すこし隔離しながら、相手に馴れさせるのもここは最適です。
ただ、とらはどの部屋のドアもあける技術を習得済み(この間は、玄関のドアも開けようとしていました)これもなんとかせねばならないのですが。


自宅に移っても、りりの里親探しは続けます。
もし。
もし、やっていけそうだと思えたら・・・・・。
その時は。



ねえ、りり。
こんな嬉しいことはないよね。


うん。
うん。そうにゃるといいにゃあ・・・・。


りり。ぷり家でトライアル予定です。
でもその前に早く粗大ごみを出して、お納戸をきれいにしないと~。
スポンサーサイト
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。