スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋に寄せて

台風のあと、急に秋らしくなって夜は窓を閉めるようになっています。
でも、昼間は風が気持ちいいので開けて空気の入れ替え。


9月の2回目の連休は、残念なことにちょこちょこと仕事があるけれど、それだってありがたいこと。
主な仕事の一つに成年後見事業があるのですが、春先から取りかかって紆余曲折があった案件が、秋分の日に、すくなくとも一つの側面ではめどがつき、収束の方向に向かい始めたのも感慨深いものがありました。


人は生まれ、死んでいく。
そのことを人は忘れているわけではないけれど、どう生きるかよりもどう死ぬかがとても重要なテーマになったとき、自分で自分のことが判断できなくなるって、きっとつらいし、哀しいことですね。


一方で。
用があって伺ったお寺の私より若い副住職さんが、小首をかしげながら「最近じゃ、元気なうちから子供には迷惑はかけられないからと永代供養墓の手続きを取っていく人も多いけれど、子供の方じゃもっと迷惑かけてくれと思っていると思うんですけどね。なんで駄目なんですかね」とおっしゃっていました。



なんだか、その考え方もいいなあ、と思えたりして。
この秋、担当する被後見人がついに10人の大台にのって、彼ら一人一人を思い浮かべながら、子供じゃなくても、迷惑かけてくれていいよ、とちょっと優しい気持ちになったのでありました。



だっこ猫
てことは、あたしも迷惑かけていいのかしら。ねえ、どう思う?


あら。りりちゃんも迷惑かけていいのよ(でもほどほどに宜しくね
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんとですねえ。自分で自分のことがわからなくなることが、私も一番怖い。そして、子供も居ないから…いったいこの先ワタシはどうなっていくんでしょう。おろおろ。

…わたしも、ぷりさんに迷惑かけてもいいでしょうかぁ、ちょっと遠いけど(笑)

No title

香遊さん

私、昔、すでに適齢期を過ぎた(?)同年の(あれ?なぜ同年? あたしったら28歳の売れ頃なのに)友人とファンドを設立して人を雇い、グループホームを作って、最初の入居者になろうと話をしていました。

結構、今でも本気。
香遊さんも合流しようよ~。ぐふふ。
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。