スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘭の開花

仕事場の中でもっとも日当たりのよい窓際の机の上。
蘭の鉢が2つあります。

P1220200_convert_20110122225341.jpg



この蘭は、私が2年半前に独立した時に古い友人が贈ってくれたものです。一つの鉢に3つ株がありました。
「ついに巣立ちましたか・・・・。閑古鳥も巣立ってくれますように!」というメッセージが添えてありました。
口が悪いのはお互い様 ちぇっ! ちぇっ! おかげさまで閑古鳥は、毎年律儀に飛んできて子育てしてるよ!!


花が咲き終わった後、ひと株ごとに小さな植木鉢に植え替えて、ミズゴケを変えて。1つは早々に枯れてしまいましたが、2つ元気に残っていました。


これまでの冬は夜の間、防寒のためにビニールをかぶせてダンボールで回りを覆ってやっていました。でもこの冬はりりがいます。夜中、暖房をつけてやるのが影響してか、みるみる咲いてしまいました!!!!
見ての通り、メンテナンスは最低です(どなたか蘭に詳しい方、教えてください)


蘭は案外、強い植物なのかもしれません。ひどい持ち主をものともせず、咲く蘭に感謝。
それにしてもはやく花を切って、体力を温存してやった方がいいかなあ・・・・? 今は眠っているべき時期なのにね。無理しないで欲しいなあ。


そして、今日のりり。

P1220202_convert_20110122230156.jpg
こんな風に時々は私の膝にのっからんばかりに高々と揚げるのですが、勢い余ってコロンと倒れた拍子にしっぽの先が池ぽちゃ。とたんにおうちに入ってしまったので、あれれ?と思って声をかけたら中からみゅーんと抗議の声がしました。



おいおい。私のせいじゃないよ。
といっても聞いちゃくれません。そのまま5時まで引きこもって、漸く出てきてくれたのは、多分お腹がすいたから。ねえ、りりちゃん。

P1220204_convert_20110122230526.jpg
(おばちゃん、いぢわるだもん。あたしのしっぽ、ぬらしたもん)


いや、だから違いますって。


彼女は、最近夜鳴きしているようです。甘えたい時に私が帰ってしまうのもいけないのかなあ。
こちらもどうしたもんかなあと思っているのです。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランの花

ランは南国の花だから暖かければ
大丈夫なんでしょうかねぇ?

りりちゃんはちっぽが濡れて
ビックリしちゃったんだよね。

No title

まあ。りりちゃん。
しっぽを突然濡らされて、びっくりですね。
ぷりおばちゃんたら、ひどいわね。(笑)

緑色の、きれいなおめめの色ですね。
改めて見ても、りりちゃんはなかなかの美人さんです。

寂しくないように、本当のおうちが早く見つかるといいなあ。


ランの花は必ず枯らす、ダメおばちゃんより

No title

harryさん

へえへえ、悪いことは全部おばちゃんがいけにゃいんですよーだ、なんてすねて見せてもなしのつぶて。すっかり、私がやったと信じているんだから、こまったものです。自分でころりんこしたのにさ。

No title

香遊さん

私の蘭もかなり無残です。よく咲いたと思うけど、花に養分取られてエネルギーをためるべき時によくないんじゃないかと・・・・。

りりのお目目ねえ。とらのはペールグリーンで周りがイエローなので、すっきりしたきれいな目なんだけど、りりのは、なんていうか蛍光はいってます的な強い光を放ってます。おまけに虹彩にオレンジが斑で入っているので、ちょっと独特。それとも、これって、普通かな。まり、猫の目って、見入ったことがないからわからにゃいのだ。
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。