スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りりのこと(3)

家には寅次郎がいました。

飼う? 里親探しする? 寅と上手くやっていけるだろうか。けれど里親探しなんて、子猫でもないりりに里親は見つかるのだろうか。すでにYさんは防御線を張っていました。

「まさか、飼うなんて言わないよね」
「二匹は嫌だからね」
「里親が見つからなかったら、結局飼うことになるから(里親探しが理由であっても家に入れるのは)嫌だ」


Yさんは寅のトイレを片づけたり、餌をやったり、散歩(といっても家の外階段ですが)に連れ出してやったりしてくれます。最初、私は、そのことに希望を持たずにはいられませんでした。Yさんの気持ちを無視するわけではありませんが、2匹いればお互いに遊ぶからかえって楽だ、などという話も人に聞き、説得する余地はあるかもしれないと思ったりもしたからです。

しかし、リリースはしない、里親探しをする方針を告げて「ごめんね」と私が謝ったとき、彼は私の手をはねのけるように言いました。



「おれとの関係において、そんな風に妥協しようとするのはやめてくれ。受け入れられない」



・・・・・・・・。



彼は、結婚して初めて、本気で怒っていました。
彼にとっては、どれほど寅が居心地よいようにしてやろうと、それは彼の物事に対する接し方、彼の感情に関係なく身に着いた丁寧さや優しさによるものであって、寅がいることが煩わしいことには変わりないことだったのです。この感覚の相違は、Yさんのいうとおり、私と彼との間に唯一ある火種でした。気を付けなれば、一瞬で私とYさんとの関係を損ねる問題でした。



頑固な、と言われるかもしれません。
Yさんに頼むことはできないと思っても、じゃあリリースします、と私には言えませんでした。しかし、真剣に里親探しをしなければならないと思いました。私の家はりりのホームとはなりえないことがはっきり分かっていました。



仕事場には私専用の仕事部屋があります。
ななに出入り自由にさせていましたから、あまり適当とも思えず、猫嫌いを公言する母もいましたから、選択肢の中に入れていませんでした。でも、ここにきて、他にはありませんでした。



りりを仕事部屋に住まわせ、できるだけ早く本当にりりをかわいがってくれる人を見つける。



数日後、私は母とYさんに言いました。
Yさんは、あっさり「家に連れてこない限り、君がどうしようと構わないよ」といいました。彼は思ったことしか言いませんから、これは彼の本心としてありがたく受け取りました。
逆に母は渋い顔をしていましたが、自分が断れば私が困ることを知っていました。親とはありがたい、いいものです。

こんな風に、物事は決定しました。


P1050970_convert_20101106101234.jpg
食べ終わったりり。なんだかちょっと猛々しい顔ですが、このときは人がそばを通っていて警戒していたのです)








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 動物が苦手な人の気持ち、判るような気がします。

 実は、わたしの母親も大の動物嫌いで、だからと言って、怖いとかいうのではなく、とにかく、嫌いなのです。
 でも、昔、飼っていた黒猫の世話や小鳥の世話は、全部母親がしていました。命のある物を生かさねばならないという責任感は、生じの動物好きよりも強いものがあるようです。
 
 わたしは、それこそ大の動物好きで、犬でも、猫でも、オオサンショウウオだって可愛いと思ってしまうタイプですから、子供の頃から犬を飼いたいと思っていたのですが、母親が頑として許さず、今に至っています。

 Yさんも、たぶん、我が母親と同じような考え方を持っているのではないでしょうか。生命を育むには大きな責任が伴うということを、強く認識しているがために、動物を安易に飼うことには反対されるのだと思います。

No title

わたすげさん

そうなんですよね。彼は動物は嫌いではないのですが、飼うことで生じる様々な制約や責任が嫌なのです。
好きな者にとっては、その製薬こそが楽しい・・・・のですけどね。

こればかりは生来の感覚ですからどうしようもありません。
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。