スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者と猫

昨日、高齢者と猫とのくらしの問題を考える勉強会に出席してきました。

この勉強会について知ったのは、りりを保護するときに色々と相談をした鶴見・猫のカギしっぽさんのサイトからですが、仕事柄、認知症のお年寄りの財産管理や身上監護(成年後見というのですが)をしていて、仕事の上からも興味深い問題です。


身寄りのないお年寄りが猫(この場合犬でもいいのですが)を飼っていて体調を崩し、もはや一人暮らしができなくなった時、または急に亡くなった時。後に残されたペット達はどうなるのでしょう・・・・。


実は一昨日も業界の集まりで仕事仲間が集まったとき、さらっと、本当にさらっとおっしゃった同業者がいました。
「・・で、分割協議が終わったら、猫ちゃんたちの処分を考えて、それが終わったら・・・」
「え?猫?」
「そう、5匹も。それで・・・」
もう、その先は何を聞いても素通りでした。処分・・・・って、処分ってなに。いえいえ、彼は処分するって言ったんじゃなくて、処分方法を考えてって言ったのよ・・・・。ああ、でも、里親探しをしてくれそうなタイプの人じゃない・・・・。



怖くて聞けませんでした。



後見の世界では、本人の財産は本人の為だけに使わなくてはなりません。本人の意向がどうであっても、たとえば、「相続税対策でこの土地と家は売るって言っていました」と家族が言い、そうだろうと思っても、相続税対策で家と土地を売ります、と裁判所に言えば、許可はおりません。相続税は相続人が支払うものであって、本人の債務ではないからです。

また、本人の生活を第一に考えるので、施設に入り自宅に戻れない、お金も潤沢にないとなると、借りた家ならまず賃貸借契約の解除をします。そこにいくらそれまでの本人の生活で買いそろえた動産があっても、すべて「処分」します。猫などのペットも、そこに残していくことはできないのです。
お金が潤沢にあれば、本人の希望であればキャットシッターを頼み、家を借り続けて猫の世話する方向で考える余地もありますが、それも本人が亡くなれば終わります。相続人がいれば猫ごと引き渡して終わりですが、いなければやはり「処分」の問題です。それに、病気を持っていたり障害があったり、年取っていて貰い手の絶対見つからないペットは・・・・。


が~~ん。ショック
(え???? そ、そうにゃの? ショック・・・・)



私ならどうするだろう。後見では、いつかは必ず遭遇する問題です。
勉強会で、いくつかの例を聞きました。


半年かかって里親探しをした例。半ノラだったので、施設に入るときに本人から近所の方々に手紙を書いて、後に残す猫たちは皆、不妊去勢手術をしています。一代限りの命なのでどうか宜しくとお願いした例。この例では近隣関係が大変良好だったので、近所の方もあの人の猫ならしょうがない、餌を持ち回りでやりますよと快諾し、中には出発の日にお餞別を持ってきてくれた方もいたとか。

そうかと思えば、日頃から悪臭や鳴き声で苦情が絶えず、住人同士が刃物をだしての警察沙汰になってしまった例もありました。それに多頭飼いの問題。これはご老人でなくても若い人にもあって、どちらも崩壊の危険は十分にあります。不妊去勢手術なしに徒に頭数を世話すればかならず起きる問題だからです。

勉強会の中の同じグループの猫ボランティアさんは怒りを込めて、猫ボランティアに任せれば自分はもう助けたと思って、なにもしない人が多い、成猫の大半は里親が見つからないし外に放せば家猫は餌が取れず、餓死する方が圧倒的多数なのにと、話していました。つまり、本人が頭数を増やさない努力をし、周りもまた本人の日頃の生活を注意深く見守る必要があるのです。



「できれば、お元気な間から近所の方と良好な人間関係を結んでください。そして、必ず不妊去勢手術をして無計画に増やさないでください。また、万が一の時に、誰に託すか、早いうちからお話をしておいてください」発表者の言葉はどれも、深く頷けるものでした。

問題がおきた時、猫ボランティアの手を借りることになるでしょうが、それでもやはり最後は本人のそれまでの姿勢が大きく差を生むんですね。そしてかわいそうですが猫自身の運も大きく左右するのです。


振り返って私はどうでしょう。


ななは飼い始めの時に母に「多分、ななの方が私より長生きするからあとは頼むわよ」と言われました。
私がもし先に死ぬようなことがあっても妹が引き取ってくれるでしょう。
では、とらとりりは・・・・?


Yさんは、とらを誰でもいいから引き取ってくれる人に渡してしまうような気がします。りりにいたっては自宅にいるわけではないから里親を探してくれるかどうか。もとより、母は猫嫌いですから、りりについては「野良なんだから野良にもどせばいいじゃない」とそのまま放りだしたりして・・・・。ああ、だめ。悪い方向にばかり考えがいきます。


というわけで私は長生きしなければなりません。
でも。でもね、万が一の時には引き取ってくれる人、いたらご連絡くださいね・・・・
お互いに協力し合いましょう。お待ちしてますよん
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

 これって、本当に深刻な問題ですよね。
 わたしの家の近くの一人暮らしの高齢女性が、最近認知症になり、施設へ入らなくてはならなくなりました。
 飼っていた愛犬三匹(いずれも小型犬)の行く先が心配でしたが、この女性が親しくしていた主婦が二匹を引き取り、もう一匹は女性の娘さんが嫁ぎ先の家で飼うことになりました。
 ただ、この高齢女性は、他に猫も飼っていて、この猫は、やはり別のご近所の主婦にもらわれたのですが、どうしても、元いた家が良いようで、高齢女性がいなくなった空家に戻って来ては、そこで餌を食べていましたが、いつの間にかいなくなってしまったようです。

 やはり、動物を飼っている人は、自分が健康な時から万が一のことを考えて、ご近所付き合いをしておくべきだと思いました。

No title

いいよ…預かるよ、とらちゃんもりりちゃんも♪
だから、安心して長生きしてちょv-238

No title

本当に難しい問題ですよね。

私も、あと15年は死ねないぞ!という決意を持って、巨大なナバ君と暮らしていますが、それでももし私に万が一のことがあったら…?
たぶん、訓練士さん達が間違いなく新しい飼主さんを見つけてくれるとは思うけど、やはりちゃんと確認しとかないとね~。

ぱこさんやのらちゃんずは、姉がなんとか見てくれるだろう。


でも、身寄りのないお年寄りは本当にお気の毒。いぬねこが好きな方なら、共に暮らすことでいったいどれだけの幸せと元気をもらえるか!

日本ドッグホーム協会という所もすでにあるけど。
保護犬や保護猫を高齢者にお世話してもらい、その時が来たら再び引き取る、というシステム。いぬねこには温かい愛情と家を。高齢者には癒しを。こういうシステムが日本中に根付けばいいなーと、個人的には思う。まあ「いぬねこは『モノ』じゃねえっ!」とか、いろんな意見の人もいると思うんだけど。

いかに生きるか…。ご近所との付き合い方も含めてね。全てはそれに尽きますね。そして不幸にも、その命が「運」に左右されてしまう猫ちゃんたちを少しでも減らすべく、更に人間側の努力も必要ですよね~。

No title

わたすげさん

自分の死後、責任を持てないような飼い方はお勧めできませんが、老年、一人ぼっちでいるよりも少しでも心の張りを持てるようなら、とも思うのです。認知症も多少は動物を飼うことで進行が遅くなるとも言います。

おっしゃるとおり、近所づきあいを充実させることで、乗り切るしかないのかないんでしょうかねえ。

No title

kumiadoさん

ありがと~~~~~~。
これで安心だわ。kumiadoさんが万が一の時は、私が面倒見るからね、って、kちゃんのご家族がいるから出る幕なしかな・・・・。

No title

香遊さん

日本ドッグホーム協会。
いいシステムですね。お年寄りにとって、ペットは心の張りの為にも大事だから、ぜひ、こういうところを利用してもらえたら、不幸な犬猫が減るのかも。

それはともかく、私もあと15年はとりあえず生きておかなきゃダワ。
プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。