スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗体価検査2

5日ほどたったころでしょうか、病院から電話がありました。
「検査の結果が出ました。400倍に減っていました。検査結果シートが出ていますので、次においでになったときに説明しますね」


検査は800倍の手前は400倍、その前が200倍、さらに100倍とあって、100倍で陰性とされています。
そして400倍までは過去にコロナウィルスと接触したのは明らかではあるけれども現在、ウィルスが体内にとどまっているかどうかははっきり分からないということか、あるいは、過去、感染していなくても現在、コロナウィルスに感染している可能性があることを示す数字かもしれないとも言われています。


つまり、結局、現状では、りりはコロナウィルス(マイナス)とは言えないということが分かりました


この検査をすることにしたのは、もし、りりの広告からコロナウィルス(+)というのがとれたら、というのが動機でした。


たしかにその点でいえば、見事に玉砕したともいえるのですが、800倍だった彼女の体内のコロナウィルスが、400倍の抗体価を示すまで減っているということ、それがひとえに彼女自身の体力、免疫力によるものだということは、私にとっては、ひそかな喜びでもありました。でかした、りり。よく頑張ったねと褒めてやりたいくらいでした。


「今はFIPの可能性はないと思います」
先生は言いながら「でも」と続けました。
「抗体価はあまりあてにはなりません。100倍であってもFIPにかかる子が皆無ではないのです。引き続き、注意して上げてください」


はい、と答えながら、手を腰にあてて威張りながら先生に笑いかけました。
「そうなるともう開き直るしかないですね。コロナプラスですが、なにか?って」
先生も笑いました。わらって、それから、まじめな顔になっておっしゃいました。


「コロナウィルスは大半の子が持っていますからね。それより、他に猫を飼っている人がりりちゃんをもらって、あとで、そっちの子がFIPになったときにりりちゃんのせい、と言われたらかわいそうですね。その子自身がすでにコロナウィルスを持っていても、飼い主が知らないことも多いですから」



うう。
それは私も危惧したことでした。それをブロックするために先住猫がいる人からの里親応募のお話がきたら、まず、コロナウィルスチェックを受けることを大前提にし、マイナスとでたら断ろうかと思ったほどです。りりがなつき、ここをお家だと思い、家族だと思った人から、「りりのせいで」と言われるのは、あまりにかわいそうでした。


しかし、それはそれとして、コロナウィルスと無縁と言えない以上、彼女のコロナウィルスと共存してくれる里親さんを探すほうが賢明でした。
水や餌、トイレ。環境の清潔さを保ってくださること。
ストレスをかけないこと。
もし、りりの食欲がおちたり、熱を出したり、下痢したりしたら、注意深く観察して早めにお医者さんに連れて行ってくださること。

よし。
そうしよう。
必ず、いるはず。
帰宅してりりの柔らかいつややかな背中をなでてやりながら、いいました。

「ここにこんなにかわいい子がいるのにねえ」

「んにゃ」

「みんな、目が節穴だよねえ。どうして気がつかないのかねえ」

「んにゃ」

「コロナだっていいじゃないねえ」

「んにゃ」

タイミング良くお返事するりりに、なんとなく慰められているような気がして、一度800倍を記録した子が100倍になって、マイナスを名乗ることになったら、かえって良くなかったかもしれないと、なんだか素直にそう思うことができたのです。


いいもんね、おばちゃん
おばちゃん、がんばれっ!!!!


いや、あの、りりちゃん・・・・。これ、りりちゃんのことなんだからね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですかぁーーー。

400。
なんとも表現し難い、微妙な数値。
でも、800から400に下がったという事は、
更に下がる可能性だってあるわけですよね???

ぷりさんは「一度800倍を記録した子が、マイナスを名乗るのは…」と
ちょっと難色を示してらっしゃるようですが、でもでもですよ?
やはり「下がっている」ということは、
りりちゃんの体が、感染から長時間経過して
本来の姿に戻りつつある…ということではないのかなあ???
(よくわかんないけど、違うのかなあ)

先住猫さんが居るとなると、なかなかややこしそうだから
とりあえず、先住さん無しで、コロナに理解のある方が見つかると一番いいですよねえ。

居ないかな、居そうなんだけどな。

クールな視線を送っていますが、
りりちゃん、キミのことでおばちゃんは苦しんでいるのだからね(笑)。





No title

香遊さん

確かに今後、徐々に下がる可能性はあって、5カ月で800から400へ半減したからこのノリでいくと一年後には100以下になってるかも~。

でもねえ。マイナスだからっていうんで、大丈夫だしって胡坐かいてると、すぐぶり返しちゃうような気もして。100以下の判定では、まったくゼロになってるのか99残ってるのかわからないしね。

そう思うと、キミはこのままでいいから健康でいなさいって、思っちゃうのだ

まあ

だいぶ数値が下がったのですね~。
世の中コロナウイルスの検査をしている猫さんって
少ないよね。
FIPで猫さんを亡くした人が次のにゃんこさんを
お迎えしたときに検査してるけどね。
コロナのことを理解してる人ってあんまりいない気がする…

あんまりいろんなことを気にしすぎない楽観的で
おおらかな人が見つかるといいんだよね~。

No title

harryさん

そうなんですよね。私もりりのことがなければ全っ然、調べもしないし、ふ~んくらいで終わってますもの。
 募集のところに詳細と、ちゃんと自分で調べてね、と書いているのですが、読み飛ばす方も多いようです。まあ、無理もないかと思うのですが。
 コロナを知っている方なら安心ですが、なかなかいらっしゃいませんね。

No title

ぷぷぷぷ、ぷりさま!

くるねこさんとこで、写真見るなり
りりちゃんだとわかった!

載せてもらえたのですねー♪

きっと素敵な里親さんが見つかるといいなあ。ほんとに!!!

No title

かかかか、香遊さん

そうなんですぅ~。
お願いのメールをしたのはもう1か月近く前のことだったので、くるねこさん、ご結婚もあったし、震災の側面支援もしてらっしゃるようだし、「うう、これはこのまま埋もれるかも~」と半ば、あきらめていたのですが。

実は、明日、お見合いのお話が一件来ています。りりは、多分、お尻しか見せてくれない(ひょっとするとしっぽしか見せてくれない?)かもしれませんが、いいご縁があるといいのですが。今度は慎重に。無理をせず、時間をかけて大切に関係をはぐくんでいけたらと思っています。

プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。