スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さ、寒い・・・・

数日前からいきなり秋。
2日ほど前に、どうやらぎっくり腰(最初、気が付かなくって、初動養生が遅れた
だって、ただ固まっただけかと思ったんだもん…)をやってしまって、自宅養生中であります。

こうなると暇なもんだから、心に浮かびながらもなんとかやりすごしてきたことがぐるぐるとまわり始める・・・・。


昨日、今日はなんだか寒くて、こんな日は外にいる猫がかわいそう。
今年は真夏に出産した猫がいたのか、家の近くで中猫をよく見かけるし、
首輪をつけてもらって、どうやら定期的にエサをもらっている子もいるんだけれど、首輪もなくやせ気味な子もいて、胸が痛い。


可愛がってくれる家を見つけるのよ。急いで。あんまり時間がないのよ・・・・と祈るだけ。
たしか、りりをどうにかしてやらなくては、と思ったのもこんな時期だったんだよね。



ああ。だめだめ、考えちゃだめと目を転じれば、そのりりちゃん。





あ、とらちゃん・・・・
ご飯も食べたし、なでなでもしてもらったし・・・・。あ。とらちゃんだ・・・・



家の中の生活に入ってはや2年。
雨の日には、暖かいマットやソファの上でくるんと丸くなって寝ていることが多いのですが、今日は、腰高窓の前のお気に入りスペースでゆったり。



せめて、とらとりりが雨や寒さや餓えと無縁でありますように。
屈託なくリラックスした2匹を前に、それをエクスキューズにする自分にすこしがっかりしたり。しかたないじゃないと思ってみたり。


明日は仕事に行こうっと。
末期の患者だけれど、まだまだ歩き回れる人を受け入れてくれる療養型の病院を探さなくてはならないのです。
ホスピスがもっと多ければいいのにね・・・・。

性格の違い

暑い夏が延々と続いておりますが、9月に入って朝夕の風はどことなく秋の風情。
ご無沙汰しております。


さて、りりちゃんは、かなりの現実主義というか、合理主義者です。そのことはなんとなくうすうすわかってはいたけど、このところ、もうはっきり見て取れるようになりまして。

その証拠にご飯イノチの彼女、余計な行動はとりません。
朝ご飯が出てくるまで、コバンザメのようにヒトの足元にいてアピール。


可愛い声で鳴いたり、目を細めたり。
足の指にキスしたり、甘噛みしたり。
蹴飛ばされても気に留めません。

で、ご飯をもらったら・・・・。
いち早く、涼しいお納戸の腰高窓のそばでお昼寝突入。外の風を感じ、大きなクヌギの間からの木漏れ日を受けて、人が出かけるのも夢うつつの中で聞いて知らんぷり。


ZZZZZ.jpg
zzzz・・・。ここ、気持ちいいんだもん


まあ、わかりやすいというか・・・・。
自立している、というか・・・・。


で夜は、というと、ご飯を食べるまで例のごとくコバンザメになって台所から動かず。
さらには、とらを散歩に連れ出すと、腰高窓から歌い始めます。
「「あたしも~」
「ねえ、おばちゃん、あたしもあたしも~」


でもねえ。私に、自信がない

りりはその気になれば私の制止など振り切って自由自在に動く子です。
そんな子を連れて、散歩だなんて、あーた、とんでもありません。
だもんで、とらのお散歩終了後は、いじけてふて寝中のりりのそばによって、そっとネズミを振る・・・・。

だってあたし、ねこだもん
!!!!。・・・・・・・・・・・・・。




あとは、もと野良の本領発揮プレイタイムです。





で、一方のとら君は、といえば、朝はりりのロビー活動を不機嫌そうに耳を水平にして見守り、人間が出かけるのを玄関先で見送り、夜は、お楽しみのお散歩を要求して、それがおわれば本日のイベント終了。
本棚の上にのぼって・・・・・。

おれ、寝るからね
今日も一日異常なしだぜ。夜中の活動に備えて今は少しでも寝る時だ

べたべたされるのは大っ嫌いなくせに、人のそばに居たがるとらは、寝るときも人がいる部屋をえらび、そのくせ、手が届かないところに寝たりする矛盾を抱えているのでした。


Yさんに言わせると、とらは猫らしくポーカーフェイスだけれど、りりは顔に表情があるんだそうな。


う~ん。
とらは要求されなくても、時間がくれば満たされるいわばおぼっちゃん生活しか知らないし、りりは、要求するときには必死にアピールしないともらえない生活だったもんね。


両極の二匹に、ちょっと感慨深いものを感じてしまうのであります。



6月の日曜日

6月の最後の日曜日の昼下がり。
りりは、自分の分を食べ終えると、すぐさまとらのところに強奪しに行くので、置き餌もできないし自動給餌器も使えません。なので最近は、二匹とも朝たべさせたら晩御飯までなし。

それを理解したのかどうか、とらもりりも、朝ご飯が終わると、すっかりくつろいで、ひととおりグルーミングを済ませるとお昼寝するようになりました。


6月


これは、最近の私の獲物。
「りりちゃん、網戸開けるかも」とFさんに言われていたのが頭に残っていて、3枚ある窓のうち、2枚はワイヤーラックやメッシュパネルを工夫して網戸の前に脱走防止用に設置したのですが、この和室だけ、せっかく障子戸があるなら、その桟を利用しようということになり、引き戸をタニハタさんで作ってもらったのです。

最初はこの引き戸も開けるかしらと思ったのですが、思いつかないのか重いのか、その素振りがありません。安心して、通気をしたまま外出できるようになりました。夜は、窓を閉めますが、そうすると、どこからともなく木の香りが漂ってきます。しばらくの間、森林浴が楽しめるかな。









ねえねえ、気持ちいい?







ねむねむにゃの・・・
・・・・・・。




ああ、ごめん、起こしちゃった。









遊び疲れちゃった
ZZZZZZZ・・・・・。


とらはといえば、一人でおもちゃを持ち歩いて遊んだ挙句、放り出して日光浴兼お昼寝中。写真ではずいぶん日差しが強そうですが、今日は気温もそれほど高くないし、このポジションは正解です。




君たちは気持ちいいところを見つける天才だね。






さてと。
お買い物でもしてこようかな。
このところ、夫婦ともに、それぞれ土日に仕事が入ってすれ違い。ウィークデイも、なかなか一緒に夕食が出来ませんが、私が完全フリーなこんな日はせいぜい、何か作っておきましょう。




・・・・・とか言って、飲み会がはいった、とか電話があったりしてね・・・・



半年後のりり

ご無沙汰しています。

すこし暖かくなってきた今日この頃。
とらもりりもななもとても元気です。

今になって思うのですが。
私の仕事場でりりはほぼ一年、過ごしました。
そして自宅に来て半年。
りりの様子を見ていると、彼女は私の仕事場にいる間、ずっと自分は居候だと感じ続けていたんだなあと思います。


こんな風に思うのは、りりが今、自由にふるまっているようにみえるから。
時々にとらにちょっかいを出されて、ぎゃあおおおう!!とないたりしていますが、基本的には人の動きを見ていて、誰かがキッチンに入ると、慌ててやってきて親しげにすりすり。
これは、相手がYさんであっても変わりません。

ねんねりり
ZZZ・・・・。ごはんのあとは、お昼寝なの


こんな風に寝ているときに、Yさんの手が頭の上から伸びてきて、耳の後をくりくり掻いても大丈夫。
お布団をひくと、そぉ~っとやってきてはじっこに陣取り、おなかをだしてころんころんしながら寝たり。


一方、とらとの関係は今一つわかりません。仲良くなめあってるかと思えば、とらは、がぶしっっとやるので、油断がなりません。やっぱりとらはKYです


でも・・・・。
お納戸の窓のそばで、二匹してのんびりしているのをみると、まあ、やっていけるのかなという気もするのです。


窓の外
りりちゃん、寝てないで降りておいでよ。




窓際のふたり
やだもん。おばちゃん、あたし、とらちゃんがいると降りられにゃい・・・。


あ。やっぱりダメ・・・かな。
まあ、猫のことは猫に任せて。
すこしずつ、この生活に慣れてきてくれれば、と思っています。



ご挨拶

年末にむけて怒涛の繁忙期(といっても要するにたまっていたものを片づけようとしたってだけなんだけど)に突入し、ついに風邪をひいて寝込んだぷりです


いやはや。



さてさて気を取り直して、りりちゃん。



ついについに!!! お布団の上で寝るようになりました
仕事場で私が泊まっていたときも避けるようにして歩き、抗議の声を上げていたので、本当に布が怖いんだなあと思っていたのですが、布団を敷いて少し経つと遠慮がちにそぉっと端っこ(たまに真ん中)で丸くなるように・・・。私がその隣に潜り込んでも、大きな瞳でこちらの様子を見るだけで逃げ出したりしません。さらなる野望は、お布団の中に入ってきてもらうことなんだけど、こちらはもう少し時間がかかりそう・・・・。


寒くなってお納戸とリビングを隔てる扉を閉めるようになり、最初のうちはお納戸に居たがるりりをだますようにしてリビングに追い込んで閉めていたのですが、最近は納戸よりリビングが暖かいとわかったようです。
居住エリアが変わって、とらに追いかけられて逃げる先が押し入れに変更になったのですが(だから開けっ放しなの)、夜になるとキッチンの探索を始めたり、Yさんの足元で営業したり、野良の名残はありますが、のびのびと過ごすようになってきました。

 もう何にもないよ、りり。
シャチョー、そこをなんとか!
そこをにゃんとか! シャチョー!!!!


う~ん。仕方ないなあ(と言いつつ、嬉しげにヨーグルトを差し出すYさん)
やった!ゲットしたわ!
うふふ。今月の営業成績もダントツ一位だわ


まあ、りりちゃんたら。営業しすぎると太るわよ。さっき、食べたばっかりじゃないの。



怖がって頭だけを毛布に突っ込んで気配を殺していたり、かと思えば、大胆にもキッチンに乗っかって物色したり、りりの行動は感情に直結しているので、なんだか可愛くて、注意しないととらの嫉妬をかう(?)ことになって、かえってかわいそうなことになりかねないので、そっと背中をなで小さな声でりりに話しかけ、友情を育む毎日です。


さあ、そういうわけで。
このブログ、一年にわたってりりの里親探しを続けてきたこのブログは、本来の役目を終えました。


去年の今頃は、彼女が横浜に来る日があるとは思っていませんでしたし、なんとか里親を見つけなきゃと必死でした。今、里親の立場で彼女を見ていると、決して楽に溶け込んでくるタイプの子ではないことがよくわかります。外にひとたび出せば、もはや自分から戻ってくることはないと、ほぼ確信をもって言えますし、人に強制されるととらは怒りながらも従ってくれますが、りりは一目散でにげていきます。
この用心深くてすぐには飛び込まない性格は、一生、変わらないでしょうし、冬の間はともかく、夏にはかなり気を配らないと脱走の危険があります。
それでも、夏が来る前に、ほかの生活が思い浮かばなくなるくらいすっかりなじんでくれることを祈って。

これまで、さまざまな形で応援してくださった方、コメントやメールをくださった方、とりわけ、りりが脱走して手がかりもなかったあの2週間の間、励ましたり経験談を聞かせてくださったりしてくださった方、ありがとうございました。
このブログは、更新はさらに減るかとは思いますが、このまま、少しの間、置いておこうかと思います。


それでは、来る2012年が、皆様にとってよい一年となりますよう。

とらりり挨拶
ほら、りりちゃん、あいさつしなよ。
うん。そうね


さよにゃらだけどさよにゃらじゃにゃいの
みなさん、今年一年ありがとうございました。来年の今頃も、りりは、ぷり家に、多分その次の年もその次の年もここに、ぷり家にいます。とらちゃんと時々けんかしながら、おばちゃんに甘えながら、おじちゃんにヨーグルトをもらいながら過ごしていきます。ほんとに、ありがとね。また逢う日まで。バイバイ

プロフィール

ぷり

Author:ぷり
とら(キジトラ猫)を生後10日ほどで保護し、その1年後にさまようおとな猫のりり(きじとら猫)を保護。
 
ペットに関して、決してつれあいのYさんと意見が一致しているわけではないけれど、保護したこの猫たちと、仕事場で母と暮らすロンチーのななは、大切な家族です。

きょうも3匹の幸せな生活を目指して頑張りま~す。

見てね!!
いつでも里親募集中
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。